NHK受信料の支払いに納得いかず解約へ

38歳の男性。会社員です。

7年前の話になりますが、結婚してアパートに住み始めたころのNHK受信料についての体験談をさせていただきます。ちなみに、現在は賃貸の一軒家に住んでますが、受信料は支払いしてます。

賃貸アパートの契約時になぜか不動産からNHKの契約を強制させられた

7年前、結婚を機にアパートへ引っ越すために不動産にて契約を行いましたが、最後に不動産の人から「テレビも見るでしょ?なら、NHKの受信料は支払いしないといけないから、これ書いて」と契約のためのハガキを渡されました。当時は、NHKの受信料なんて親は支払いしていたかもしれないですが、自分は全くの無知だったので、良く分からないけど支払いには抵抗があったので、契約のための情報の記入はして、支払い方法はクレジットカード払いにして、これに関しては、後程自分で記入して郵送するよう言われましたが、支払いしたくなかったので郵送せずに放っておきました。

これに関しては、なぜ、不動産からNHKの契約を勧められるのか?当時は非常に違和感を覚えたのを今でも記憶してます。今思えば、NHKと不動産が何らかの形で提携して、1件につきいくらか渡すという形で不動産に契約をとらせていたのでは?と感じています。

NHK受信料の支払いはせずとも契約が成立していることに気づき何とか解約の方法を考える

クレジットカード情報を送ってなかったので、実際、NHK受信料が請求されることはありませんでしたが、時々、NHKから支払い方法についての郵便物が届いていたのは覚えています。とりあえず、当時は無視してました。

ある時、友人とNHKの話題となり、その友人から私の場合、支払いはしていなくても契約自体が成立しているから支払いの義務が生じており、これを放っておくといつか未払い分全額一度に請求される可能性の事を聞いて、このままではマズイと思い始めました。

それから何とか解約しないといけないとあれこれ調べ始めました。当時、地デジが開始するようになり、ブラウン管のテレビではチューナーなしではみられなくなる時期でした。ちょうど、自分もテレビを買い替えしようとしていたので、テレビの買い替えを理由に、今後テレビはしばらく持たないということで解約しようとNHKに電話しました。

解約は無事に完了。しかし、しばらくすると再びNHKの訪問員がくるようになる

テレビを持たないことを理由に電話すると、カーナビやテレビの見れるスマホ、PCの確認もされましたが、すんなりと解約の話へと進みました。ただ、契約して未払いの時期のことをつかれ、その分、数か月、1万円くらいだったと思いますが、その分の支払いはしないといけないといわれたので、そこは仕方なく受け入れました。ただ、未払いの支払い用紙は送られてくることはなく、もちろん、支払いもしてません。

その後、テレビは購入したので、NHKの受信料に関しては納得いかず、支払いする意思もなく、契約の手続きもせずにおりました。ところが、ある日をさかいに、NHKの受信料の契約のために訪問員が訪れるようになったのです。

私は仕事から帰ることが遅かったので、嫁がいつも対応したのですが、嫁は外国人なので訪問員が来ると「日本語わかりません。」と帰らせていたのですが、相手も「ご主人はいつ帰りますか?」などと、訪問も様々な時間帯にくるようになりました。

この状態に、嫁も私も、対応が面倒になるし、心のどこかで嫌な思いが残るため、NHKの本部お客様センターに「テレビがないと契約を断っているのに、何度もしつこく、訪問に来るのはどういうことか?!」とクレームをいれました。すると、担当者に伝えておきますといわれそれ以来、訪問が激減しました。

それから数年、アパートから一軒家に引っ越ししてからは、子供もNHKをよく見るので、また、NHK受信料について、面倒な対応をするのが嫌なので、この時からはNHK受信料の支払いをするようになり、現在も支払いをしております。