NHK受信料解約の「理由」ーNHKが解約をすんなり受け入れてくれる理由とは?

放送法64条でテレビなどの受信設備を設置している者は契約の義務があるとは言われているものの、よく自分の周りを見渡せばNHK受信料の支払いをしてない人も多くいることなどに気づき自分も払わなくてもいいなら、払いたくないという思いがわいてくるのは当然でしょう。

そこで、自分もNHK受信料を解約してしまおうという思いに至って、NHK受信料の解約はどうすればいいのか??調べ始めると、実は簡単には解約できないということに気づき、悩む人も多くいることでしょう。

なぜなら、NHKの解約について調べると、NHKの公式ホームページにはパッと見て分かる場所に解約の手続きについては触れられてないし、その他のさまざまな人のサイトを見てみると、「NHK受信料の契約は一度契約してしまうと、簡単には解約できない。」「解約するためには力技が必要である。」など説明しているサイトや体験談が非常に多いです。そして、そのような説明ばかりをみているとどうしても「受信契約は簡単には解約できないんだな」と思ってしまうのも仕方ないですね。

こちらの記事では、NHK受信料の解約をするために必要な「理由」ということで解説をしていきます。このNHKがすんなり認める理由についてよく理解して、実際に行動にうつせば、受信料の解約はそれほど難しくはありません。

NHK受信料の解約の「理由」は公式HPに書いてある

まず、NHKの公式ホームページのよくある質問集の中に実は、受信契約の解約について説明しているページがあります。それがここです。


NHKのホームページに書いてあるのは、わずかこの1ページのみになります。で、ここに書いてある内容を分かりやすく説明すると下記のようになります。

NHKが解約をすんなり受け入れてくれる主な理由

 

①受信機を設置した家が空になる

・たとえば、親(もしくは子ども)と同居するために引っ越した。この場合引っ越し先にすでに受信料の契約が締結されているなら、引っ越しをした世帯の契約は必要ないので解約できる。

 

・一人暮らしをしているその人が亡くなった場合など(世帯消滅)

 

・海外へ留学する、転勤になるなどの場合。

 

②テレビを廃棄してなくなった、テレビが壊れてみることができないという理由

・テレビを捨てたのでない

 

・テレビが壊れているので見ることができない

 

・テレビを人に譲ったのでなくなった

 

・テレビを売ったためになくなった

上記の状況になることにより、NHK受信料は解約可能であるとNHKが発表しております。なので、このような状況に自分自身の環境をもっていけば、受信契約の解約は簡単に終わります。

ただし、それぞれのパターンにおける解約の際に注意すべき点もありますので、下記の記事をよく読んでおいてくださいね。

NHK受信料の解約は簡単!誰でも確実に解約に成功できる方法とは?

受信料の解約に言わない方がいい「理由」

・引っ越しをするから解約したい

【NHK受信料解約】引っ越しを理由に解約できるたった一つの方法とは?

・結婚をするから解約したい

NHK受信料 解約したくても『結婚』を理由に解約はしない方がいい理由とは?