【NHK受信料】解約はスムーズにできたけれど、懲りずに現れるNHK

私は38歳で事務の仕事していますが、現在は育休中です。現在は家にテレビを置いていないのでNHKの受信契約を解約しました。

子供が生まれても、ほとんどテレビを見ない我が家は、ある日とうとうテレビを処分することにしました。近所のリサイクルショップへ行き、テレビを売った際にお店の方に『家電リサイクル券』なるものをもらいました。「NHKも解約するんだったらこれいるからね~」と言われ、『あ、そうか、NHK解約できるんだ!』とその時に初めて気が付きました。

運よく?スムーズに解約!NHK受信料ともおさらば。

月末も近かったので、さっそく「NHKふれあいセンター」に電話をしました。NHKのことだから色々聞かれて面倒くさいことになるのかと思っていたら、何かマニュアルのようなものがあるらしく、「他に受信機器はもっているか」、「テレビの廃棄証明書はあるか」、などの質問をいくつか受けたのみであっさりと解約届の用紙を送ってもらえることになりました。

後でネットで調べてみると、しつこく理由を聞かれたり、本当に他に受信機器を持っていないかと食い下がられたり、といった体験談も多かったので運がよかったようです。この時に電話対応をしてくれた女性職員はで若そうな声だったので、本当にマニュアル通りにやっていたのだと思います。

そして数日後、NHKから「放送受信契約解約届」なる書面が送られてきたので、必要箇所に記入し、家電リサイクル券の写しを添付して送りました。その次の月からNHKの引き落としはなくなったので、無事解約ができたのだと確認できました。

解約できたと思いきや、再びやってきたNHK

ところが、これでNHKとの関係も切れてスッキリしたと思っていたのに、半年も経たないうちにまた集金の人がやってくるようになりました。最初は「今もテレビはない、廃棄処理の証明書を送ったはず」と言うと、「わかりました」と言い、すぐに帰ってくれたのですが、2回目からは「テレビ買いましたか?」「何かテレビ見られる機器も持っているんじゃないですか、お子様もいますし」などとプライベートなことにまで踏み込む質問もしてくるようになりました。「もうテレビを買う予定はない」と言っても、2,3か月おきに集金のついでなのか必ず訪問してきます。

運が良かったのか悪かったのか…

ある時は夜の9時に近い時もあり、子どもの寝かしつけの時に家のインターホンを鳴らされたので本当に切れそうになりました。その時の職員は、「マンションですので引っ越しされて次の方が入られている可能性もあったので…」などと言い訳をしてきたので。「表札変わってないでしょう!!!確認くらいしてください!!」と怒鳴ってしまいました。我が家の場合、解約届の送付までは比較的スムーズにいきましたが、その後の再契約の訪問が面倒な担当者にばかりあたってしまっているようです。

一言コメント:

本当にNHKと受信料契約をする義務の生じない状況であるにもかかわらず、訪問に来るときは、NHKに直接電話してクレームを入れるのも手ですね。やってくる訪問人はNHKの職員ではなく、NHKが業務委託している会社の職員ですので。