【NHK受信料】一人暮らしの大学生には大問題

私は現在23歳になる女性です。体調が良くないため両親と暮らす実家でクラウドソーシングで仕事をしており、NHKの受信料は両親が支払っています。

やはりNHK訪問員はやってきました

4年前、私は短大に入学すると同時に一人暮らしを始めました。住み始めて1、2ヶ月ぐらい経った頃、NHKの受信料を支払ってくださいと訪問員の方が訪ねてこられました。近くに住んでいた友人から、NHKの訪問員が家に来たということを聞いていたので、いつかは来るのかなーくらいに思っていたところでした。

「NHKを見なくても契約させられるから、訪問に来ても出ない方がいいよ」と友人からアドバイスを受けていましたが、見た目だけではNHKの訪問員とはわからなかったので、対応してしまいました。まず訪問員の方から「NHKの受信料は支払っていますか?」と聞かれたので、「支払っていないです」と答えました。すると「じゃあ支払わないといけない決まりなので支払ってください」と言われました。

続いて、「一人暮らしですか?ご家族は?」と聞かれたので、「家族と離れて一人暮らしをしています」と答えたところ、「それなら家族割引が適用されるので…」と説明を受け、契約することにしました。説明はそれなりにわかりやすかったですし、理解はできましたが、少し強引な感じもあり、出費が増えることを考えると、あまり良い気はしませんでした。

衛星放送が視聴できるマンションだったために

地上波の受信契約をし、もう訪問員の方が来ることはないだろうと思っていましたが、しばらく経ってから再度別の訪問員の方が来られ、「BSは映りますか?」尋ねられました。私の住んでいたマンションは、全戸で衛星放送が視聴できるようになっていたようで、試しに配線を繋げてみたところ自分自身が視聴するつもりが無くても勝手に映ってしまう状態でした。

しかし、自分の意思で受信設備を設置したわけではないですし、これからも衛星放送を見るつもりが無かったので、「映りません」と嘘をつきました。すると、「お部屋によっては電波の関係で映らないお部屋もありますのでそれは仕方ないですね」と言われ、BSの契約はしなくても済みました。一人暮らしが終わった際は電話をかけて受信契約を解除しました。解約については特に問題はありませんでした。

やはりスッキリしない思いが

受信料について私の考えですが、家族割引があるとはいえ、一人暮らしの学生に支払いをさせるのは如何なものかというのが正直な意見です。奨学金を借りて、アルバイトで生活費を必死で稼ぎながら学校に通う…できればNHKに支払うお金があるなら生活費に回したいと思ったものです。衛星放送についても、見ることはないのに、視聴する装置があれば受信料を支払わなければならないというのも、強引すぎると思います。

特にマンションのような集合住宅では、全戸で視聴できるようになっている場合も多いかと思いますが、全く見ない人もいるはずです。NHKの側から見れば、「視聴できる装置が有っても視聴しないなら受信契約は必要ない」というルールにすると、見ていないと嘘をついて支払わない人が出てくるという理屈で、装置の有無を基準にしているのだと思います。しかし、本当に不要な人からすれば余計な支出になり、難しい問題ではあるなとは思います。