NHK代行訪問員とNHKが連携をとれていないので手続きの手間が倍になった

私は現在、46歳の女性で主婦です。

NHKの受信料を払うのは当たり前の事だと思っています。何度か引っ越しているので、その度にNHKから委託されてる業者が来ていますが、はっきり言って、態度は良くないですよね。

引っ越しの時に住所変更したのに、なぜもう一度記入しないといけないのか?

私は頻繁に引っ越しをしているのですが、引っ越しをするときには必ず、ハガキやネットでNHK受信料登録の住所変更しても、なぜか業者が来て再度、住所変更届けにまた記入しろと訪問に来ます。何でわざわざそんな二度手間をさせるのか。それならまったく意味がないですよね?連携はちゃんとできているのでしょうか?

 

極め付きは一昨年アパートに引っ越した時です。やはり、NHKから委託されている業者がやってきて、変更届けを書けと言ってきました。その時も「またか、面倒だな」と思いつつも記入したのですが、なんと、「この建物はBS アンテナがあるのでBS料金も払え」と言われました。

今までBSアンテナ付きのアパートに住んでいても、そんな事は言われた事は無いし、そもそもBSの見方がわからないのと、見ないので断りました。しかし、BSアンテナを設置している建物に住んだら、BS受信料を払わなければならないのもその時知りました。

なんなんでしょう?この態度。はっきり言ってありえないです。

私が警戒せずドアを開けたのが悪いのですが、払ってくれるまで帰りませんと言い張ります。「地上波の受信料すら払っていない人がいるのに納得できない、その人達が全員払ってら考えます!」と言ったら

「そんな理屈は聞けません。その人達とあなたは関係無い。とにかく払え」と言い張ります。

NHK委託業者の人は若い人でしたが、正直恐怖を覚えました。奥にいた子供も怯えていました。こんなにひどい態度をとられなければ、私も分かりました~と言ったと思いますが、悪い事をした訳でも無いのに何でこんな事を言われないといけないのか納得できませんでした。

その時は、なんとか「夫と相談をするので帰ってくれ」と言って何とか帰ってもらいました。

しかし、その後も度々来て同じような事が続くので、仕方なく払うことにしました。最後の方は暴力団か?と、思う位の脅しでした。後から知りましたが、余りひどかったら警察を呼んでもいいみたいですね。不退去罪というこちらが「お帰りください」と伝えても居座るという立派な罪が成立するようなので、そのことを知っていればそのように私も伝えたかもしれないです。

NHKよ。払ってくれというのなら、おまえらの対応を改めよ!

今はBSアンテナの無い家に住んでいます。今の家に引っ越した時も引っ越し業者を通じてなのか、一度、事前にNHKに住所変更の手続きをしたはずなのに、やはり委託業者が住所変更手続きのために来ました。何という二度手間なんでしょうか?あきれてものも言えません。

また変更届けを書いたのですが、住所の確認作業に時間がかかって、忙しい時間帯なのにとても迷惑をしました。これで当分会わなくて済むと思ったら半年位経った頃にまた来て、住所の確認が取れないと言います。委託員は全然違う番地を言います。私が書いた申込書はどこに行ったんでしょう?あんなに確認したのも何だったんでしょう?さすがに不信感を持ちました。

ずっと言われている事ですが、NHKは受信料を払わない人対策に、払わない家のテレビにスクランブルをかけるべきです。それなら、「払わない=見れない」「払う人が見れる」で話が済みます。委託員の人件費も浮くはずです。そもそも、業務委託のためにNHKは一体どれだけの経費をかけているのでしょうか?この経費がうけば受信料も減らせて、国民の負担が減るという発想はないのでしょうか?

本当にNHKのやり方には納得がいきません。

一言コメント:

この方の体験談は、おそらく、ほとんどの方が体験されたり、感じているNHKに対する不満であると思われます。

私が不思議なのは、こういう不満を持っている人が五万百万人といるなかで、NHKが一切反省をしていないということです。

公共放送という位置が彼らを根拠のない安心感に閉じ込め、そのようにさせているのでしょうか?