NHK受信料解約のためにテレビを捨てました

私は、一人息子を育児中の28歳の女性です。現在、NHK受信料の支払いをしています。子供がいる今だからこそ、NHKの番組に感謝!という感じです。子供がいないときは、見ないんだから絶対受信料は払わない!と言っていたのですが…

子供が喜んでNHKの番組を見ているので納得

「おかあさんといっしょ」を始め、子供向け番組は偉大だなぁと思う日々です。おかげで家事ははかどるし、夕飯作りの邪魔もされません。大人しく待っていてくれるので大助かりです。ただ、NHKの番組が偉大だなと思うのは、あくまでも「今」だからです。

本当はNHK受信料は払いたくない派です

子供が生まれる前の話になりますが、私はNHKだけでなくテレビ全般をあまり見ない方でした。そのため、NHK受信料支払いの訪問があっても頑なに断っていました。もしくは、毎回NHKの訪問員のような人が来たときはひたすらに居留守を決め込んでいました。しかし、一度訪問された際に対応してしまったことがあり、あまりのしつこさと、「契約しないのは法律に反する」と言われて、少し怖くなってしまい、契約を結ぶことになりました。

しかし、その後、冷静によくよく考えたら、見ないんだしやっぱり解約したいなと思うようになりました。NHKに問い合わせると「テレビを捨てる、もしくは壊れて視聴できない場合を除き契約の解除はできません」と言われてしまいしました。

見ないテレビは処分してNHKとも決別!

そこで私は決心しました。「テレビ見ないから、古いものだしもう処分しよう!!」と。NHKの方の説明によると「家電リサイクル法に則って処分したことを証明する書類の写し」が必要になるようだったので、その書類を準備し、廃品回収の業者に持ち込みました。テレビは処分する際にいくらかお金がかかるのですが、これでNHKからオサラバできると思うと安いもののように感じました。金額はともかく、あのしつこくてうっとおしかったNHK訪問員に不本意にさせられた契約を解約してやったと思うと、ものすごく良い気分になりました。

NHKと私。教育上良いのはどっち?

そして子育てをしている今、またNHKとは契約をしているわけですが、今はまだ、子供が小さくて喜んで番組を見ているので、そんないらだちや不満はありません。でも子供が大きくなって、子供向け番組の必要性がなくなってきたら、どうにかこうにか解約したいなあと考えています。

それまでに、受信料支払いが義務でなくなり、あのしつこい訪問スタイルも改善されていることを願います!。そして、もしも子供が大きくなり、独り暮らしをはじめた時には、「NHKの契約は頑なに断るんだよ」と伝えておきたいです。のちのち面倒臭い目に合わないためにも…