【NHKの受信料】割引制度をもっとPRしてください

私は、夫と中学生の子供との3人家族の45歳のパート主婦です。NHKはよく見ていますが、地上波のみで衛星放送は見ていません。

少しでも負担が減るよう工夫しています

一軒家を購入してからすぐNHK受信料の徴収に関する案内の方が訪問してきたので、すぐに契約して支払うことにしました。年払いにしているので、毎月ごとに支払うよりお得になります。また、クレジットカード払いにすることで、カードのマイレージが溜まるので、銀行引き落としよりもお得になると思い、カード払いを利用しています。だた、他の民放放送にはない受信料をNHKだけが徴収する仕組みになっている理由はよくわからず、常に違和感は感じています。

NHKの方は、定期的に受信に関してチェックのために訪ねてきます。パラボラアンテナなど衛星放送受信用のセットが付いていないので見ればすぐにわかるはずだと思いますが、定期的に来られるので、それは少し面倒だなあと感じています。

また、徴収に来た方の説明では、「今の放送法では、テレビのみならず、ワンセグチューナーがついている携帯電話やカーナビ、パソコンを1台でも持っていれば、契約必須になります。」とのことで、テレビ以外でもNHK受信料の支払い対象になることを知りました。そのことを、全く知らなかったので、NHKがもっとPRをすべきだと感じています。

色々な割引制度も、もっとPRしてほしい

受信料の割引制度などもあるようで、1・2級の身体障害者手帳保持者が世帯主の場合の割引や、親許から離れた学生・単身赴任のビジネスマンなど、実家と生計が同一であれば、受信料が半額になるなど、色々とサービスもあることをネットの記事で知りました。そのようなお得な制度をきちんと知っておかないと損をすることになり、そういうサービスの部分を徴収にきた方には詳しい説明をしてもらいたいと思います。

わざわざ、そういう割引があることを説明しないのかもしれませんが、身体障害者手帳を保有している家庭など、家族からアピールすることもないですし、言われないと気づかないこともたくさんあります。訪問員の方は、ただ徴収するのみではなく、サービスの部分もきちんと説明をすることが重要だと実感しています。