夫の不在時に来たNHK訪問員が怖すぎて受信料の契約をしました

私は26歳の女性で昼間は会社勤めをしています。

引越しが済んで間もなくNHKの委託業者の中年男性が突然訪問してきました。受信料を払いたくない旦那が「今日は都合がつかないから後日にしてくれ」と言い、その日は素直に帰ってもらいました。

それから1週間しないうちに同じ男性が訪問してきました。時間帯はとても非常識とも思える夜8時半すぎでした。その日は旦那も不在だったため帰ってもらおうと思い「今、主人がいないので後日にしていただけますか?」と話したところ、私しかいないことでむしろ強気な態度で「家にテレビありますか?」と聞いてきました。突然のことで正直に「あります」と答えてしまったところ「受信料の納付は法律で定められている国民の義務ですから必ずお支払いいただかないといけません」と言い、片足を玄関に入れてきました。

とにかく怖くて、その状況から逃れたい一心で契約

一人で居たアパートに夜遅くに訪ねてきた中年男性からスゴまれて、本当に怖すぎました。まだ実家を出て間もなく、NHKの受信契約のことなどよく分からなかったのと、中年男性に早く帰ってほしかったので、とりあえず契約の話を聞くことになりました。話を聞いていると今度は地上波放送と衛星放送のどちらなのかという話になり、衛星放送だと地上波の倍の受信料でした。

「アパートに衛星放送のアンテナがあるか?」など色々と聞かれましたが、私にはまったく分からなかったので、「やはり後日にしてくれませんか?」と話したところ、「見ればわかるかもしれないのでテレビとリモコン見てもいいですか」と言い、家の中に入ろうとしてきました。

ますます怖くなり「本当に分からないのでとりあえず今日は地上波放送の契約にしてもらって、こちらでアパートのアンテナについて調べますので、分かり次第契約を変えてもらう形でもいいですか」と言って家の中に入られるのをなんとか阻止しました。一応納得してくれたのかその場で地上波の契約を結ぶ事になり、クレジットカードでの支払い手続きを済ませて、ようやくその日は帰ってもらいました。

義務だとは言え、そういうやり方での契約はないでしょ?

その後、大家さんに衛星アンテナの有無の確認を忘れていたままだったのですが、NHKから再度連絡があり、どうやらアパートのアンテナの有無を勝手に調べたらしく、その結果アンテナがあったのでお宅の契約を衛星に切り替えて下さいと言われました。

泣く泣く料金が倍の衛星放送に契約を変更し、今も2ヶ月に一回、5千円近く払っています。実際、朝ドラもみるしNHKのニュースや報道番組、特集も好きでみているので絶対に払いたくないわけではないですが、受信料は高すぎると思います。公共放送なのでスポンサーをつけられないのは仕方がないでしょうが、これ以上料金が上がるのであれば払っていけません。